海外積立投資でインベスターズトラストの口コミ評判や実態とは?

海外積立投資において国内で人気の保険会社はRL360とインベスターズトラストの二大巨頭になっています。

RL360に関しては別記事で参照しましたので、今回はインベスターズトラストの口コミ評判や実態に関して触れていきます。

インベスターズトラストの評判を紹介します。

 

【インベスターズトラストの概要】

会社設立が2002年。

RL360やフレンズプロビデント、ハンサード、スタンダードライフと比較して若い会社で後発的な印象です。
とはいうものの格付け会社AM BestによるとB++ですがMoody’sではAAAと最高ランクとなっています。
本社所在地はケイマン諸島にあり国際生命保険協会加盟に上場しています。
インベスターズトラストの拠点としてはモンテビデオ、マイアミ、クアラルンプール、香港 となっています。

 

 

【インベスターズトラストの商品】

積立商品S&P500インデックスとEVOLUTION(エボリューション)がありますが国内ではS&P500が人気です。

このS&P500という商品はS&Pという金融業界の格付会社がニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場している主要産業を代表する上位500社の株をインベスターズトラスト社がS&P500指数に連動している有料な金融機関の連動型債券で運用しています。
契約期間中に減額・停止・一部取崩し、滞納がなければ満期時に投資金額の140%をインベスターズトラスト社が保証するという商品です。 

EVOLUTIONは他社積立商品と同じようにIFAと提携して運用していく商品内容となっています。

 

【インベスターズトラストの口コミ評判】

インベスターズトラストが他社と比べて独自性があるのは、この元本保証+利回り140%保証の部分です。
日本人は「元本保証」が好きですから、そこに目をつけた金融素人業者や無認可業者が積極的に販売しています。
最低契約金額も月200$~、日本から申し込みができるので、気軽に海外積立投資を始めたい方が契約している傾向にあります。

 

勿論インベスターズトラストは実際にある会社ですし保険商品は架空のものでもありません。

しかし香港の金融機関の関係者やプロの方の間での判断はインベスターズトラストの会社の規模や歴史にはかなり懐疑的に見られています。

S&P500の商品の元本保証に関しても保証となる担保が不透明であるために金融業界のプロや専門家からはお勧めされていません。

というのも、そもそも運用対象がS&P500という株式をベースにしたものにも関わらず、その元本を保証すること自体一般的な運用ではありえないというのがあります。

更に仕組み債という商品構成の複雑さにも関わらず、元本保証や140%の利回り保証の内容に関しては明確な説明もされていないという状況にもインベスターズトラスト社としての信頼性は低いとプロからは感じられている様です。

 

実際にインベスターズトラストを提案している業者は金融素人業者や無資格業者が多い傾向にあります。

時たま「FPから提案された」という相談事例もありましたが、やはり「元本保証と140%の利回り保証」を強く言われただけで、内容に関しての説明はありませんでした。

FPの先生も金融庁の認可を得ずして海外投資に関する助言をしているもぐりのところが非常に多いので注意しましょう。

 

【インベスターズトラストの実態】

インベスターズトラストは海外投資の専門家や金融庁認可の金融機関では会社の信用度の面から提案されていないものです。

インベスターズトラストはアジア諸国で販売網を広げるために違法まがい行為(大々的な広告や強引な営業)をする業者を使ってトラブルが起こっているのも実態です。

また経営状態が芳しくなく給料の未払がインベスターズトラスト内でも2017年あたりから発生しています。

 

「元本保証」を謡って積極的にインベスターズトラストの積立商品を提案してくる無資格業者や無認可業者には十分注意しましょう。

ネットワークビジネス的に組織を作っている素人業者では売上を挙げることしか頭にありません。

彼らは海外の金融事情を知るための情報ネットワークが脆弱で情報が少ないにも関わらず「売りやすいから」という理由だけで自社目的のためだけにインベスターズトラストを提案している傾向が強いです。

 

〈インベスターズトラストは実質的には信託会社!?〉

またインベスターズトラストは「保険会社」として営業していますが実質的にはほとんど「信託会社」としての位置づけになっています。

一見して気にかけない人が多いですが、実は無視できないポイントです。

保険会社というものは保険業務が会社のキャッシュフローのベースとなって活動をしている会社です。

金融機関申請として保険会社というのはハードルが高く幾つもの認可をパスしないといけないものです。

一方で信託会社は金融機関と比較して容易に会社を作ることができます。

ただ海外の信託会社は会社の中にキャッシュがないにも関わらず存続しており経営状況の実態が掴めないことが少なくありません。

 

インベスターズトラストは保険会社として金融機関の登録申請時には認可をパスしていますが、以降の経営に関しては実質的な保険商品はほとんどなく経営状況の実態が掴めないため実質的にはほぼ信託会社としての一面もあります。

これらの点も専門家からは懐疑的に見られている理由となっている様です。

 

【インベスターズトラストで海外積立を契約する前に】

これは何もインベスターズトラストに限った事ではありませんが、海外積立を契約する前にはきちんと基本的な仕組みくらいは理解しておくことがとても大事です。

海外積立投資はF1レースに例えると保険会社は〈車〉でIFAが〈ドライバー〉です。

大切なことは車とドライバーの相性です。

外してはいけないのは、海外積立で何を重視されているかというニーズです。

〈お金を積極的に増やしたい〉のか〈とりあえず減らさずに積立をしたい〉のか〈相続対策〉として活用したいのかで保険会社の商品の選び方も違いますし、IFAの運用手法の特徴も変わります。

契約者の運用ニーズを基にして、どの保険会社にしてどういう特徴のIFAにしていくか決めていくことが大切です。

ただそれには素人が自分では出来ないので専門家にヒヤリングをしてもらって、保険会社とIFAの組み合わせを作ってもらってから契約をしましょう。

恥ずかしい話ですが筆者である私もIFAという言葉の意味も分からないうちに海外積立を契約して海外積立難民になって苦労しました。

(その経験があるからこそこうやって情報提供を出来ているというのもありますが…)

 

〈海外積立投資の業界裏話〉

また海外積立で大切なのは運用面だけではなくアフターサポートも同じ位大切です。

海外積立契約後はカスタマーサポートは基本的には紹介業者経由になります。

つまり契約後のことを考慮すると、【誰から契約するか】が非常に重要です。
契約後には〈住所変更〉、〈取崩手続〉、〈クレジットカードの変更〉等々の諸手続きが必ず必要になってきます。

しかし海外積立業界で頻繁にトラブルが起きているのが、この契約後のアフターサポートのずさんさです。

「契約後に紹介者連絡が取れない」、「紹介者が廃業した」、「管理がずさん」といったトラブルがかなり多いのが事実です。
あまり知られていない業者側の実態に関して触れておきますが、海外積立を紹介している業者は頭の中は「契約させたい」の一心です。

理由は明確で紹介コミッションが積立金額×積立期間に応じて紹介者に反映されるからです。

紹介コミッションは契約後から24ヶ月の間に数回に分けて紹介業者に支払われます。

24ヶ月までに解約されてしまうとコミッションの戻入となる為、解約されない様に始めのうちはアフターサポートを行いはしますが

25ヶ月以降は連絡が取りづらくなったりスムーズに行えないという事例がかなり多い様です。
海外積立の紹介業者は資格もない素人やネットワークビジネス目的だったり、目の前のコミッション欲しさに参画している業者が非常に多いので(99%)注意が必要です。

金融知識もないにも関わらず契約させるために甘い言葉を並べることで契約者が振り回されるということも少なくありません。

紹介業者側は海外積立の契約を欲しいばかりに「税金がかからない」、「運用利率が良い」などと言って契約を急がせるケースが非常に多いので注意が必要です。

海外積立はしっかりと理解して向き合えば魅力の多い金融商品ですが、【誰から加入するか】で大きく魅力度合いは変わります。

ネットでよくある「無料IFA紹介」というのはネットワークビジネス的に展開している無資格業者の巣窟なので注意しましょう。

 

〈海外積立を契約する際の業者を見極めるポイント〉

・そもそも金融機関か?

・投資助言業のライセンスがあるのか?

・海外積立において投資助言をすることを金融庁から認可を受けているのか?

というのが肝です。

 

これらがない上で業者に金融庁から監査などが入ろうものならば一発で吹っ飛んでしまいます。

私も過去に幾つか海外積立で誠意あるサポートをしている業者も見て懇意にしてきましたが、監査で吹っ飛んでしまったところを幾つも見ております。

飛んでしまうと加入される方が海外積立難民に陥ってしまうというスパイラルにもなりかねます。

上記三点がクリアされてない限りは契約はしてはいけません。

FP事務所も金融庁の目が届かないところで潜りで提案しているところがかなり多いのが実態です。

99%以上のFP事務所が海外投資で携わる旨を金融庁に届出していないところなので注意が必要です。

民間のグレーな業者からの加入は絶対に避けて下さい。

ネットで「IFA無料紹介」としているところも無資格の素人業者ですので注意が必要です。

 

【海外積立投資の契約前には基本の理解が何よりも大切です】

海外投資の情報はちゃんと取扱いが出来れば経済を豊かにしてくれるものです。

とはいうものの

海外積立や海外投資は「何だか良さそう」という単純な理由だけで始めてはいけません。

・情報の出処が確かなのか?

・リスクやデメリットは何なのか?

・どういう仕組みになっているのか?

などをきちんと理解することが大切です。

それらを理解せずに安易に海外投資に着手して「こんなはずじゃなかった」という人は少なくありません。

これらは「リスク許容度を間違えたり」、「詐欺に引っかかったり」、「提案者が実はちゃんと理解していなかったり」挙げられる理由は様々です。

 

しかし根本の原因は海外の投資に関する良質な情報が少ないことが挙げられます。

要らぬ失敗をしないためにも必要なことは良質な情報を取ること、基本の理解です。

 

金融や海外投資の業界で多くの人が登録して有名な情報ですが

基本を理解するのにするのに分かりやすく書いてくれてあるメルマガがあります。

許可を頂いたので以下に貼り付けをしておきますので着手される前に参考にしてみて下さい。

メルマガは当コミュニティが執筆したものではなく、第三者機関の金融機関が発行したものですが無料で良質な情報なのでこれから検討をされる方には良いと思います。

登録者数に上限があるようなので情報を参考にするのであればお早めに

【海外投資に関する推奨メルマガ(無料)】

 

【無料】ご相談・お問い合わせ

海外投資をする前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観的に状況を判断してもらった方が良いかと思います。

自身では気付かなかったリスクや落とし穴に気づくことが出来ると思います。

もしも近くに詳しい方がおられない場合は、当コミュニティにご相談・お問い合せ頂いても構いません。

返信に時間がかかる場合もあります。ご了承をお願いします。

 

関連記事

おすすめコンテンツ②

  1. 【海外投資コミュニティ設立の目的ならびにご挨拶】

    【初めに】 ※同名の海外投資コミュニティが存在しますが全く関係性はありません。 ※Twitt…
  2. 怪しい投資詐欺で失敗しないために必要なことは!?

    『ネットで見たんですけど○○国の保険会社で、ドル建ての積立商品があり15%の非常に高利回りの話があり…
  3. 元本保証や配当高利回り商品の隠れたリスクとは!?

    今回は海外投資に限らず金融商品を購入するにあたって注意しなければいけないポイントを幾つか紹介します。…
ページ上部へ戻る