投資の世界では成功する人と失敗する人に分かれます。

投資に成功し続ける人はほんのひと握りですが、彼らには共通点があります。

一方で投資に失敗する人にも同様に共通点があります。

CFD取引(先物やFXなどの差金決済型の投資)や長期投資でも共通点はそれぞれ同じです。

今回は投資に成功する人と失敗する人の特徴について見ていきます。

 

【投資に成功する人は海外資産に注目している!?】

資産形成に成功している方の多くがポートフォリオの中に海外資産が含まれています。

「チャンスをものにするため」、「自分の資産形成の方向性に見合うため」、「リスクを回避するため」など理由は投資家によって様々です。

俯瞰した視点を持ち、海外資産を保有する根拠を説明出来ている投資家の方は資産形成に成功されている確率が高いです。

一方で失敗する投資家の方は「今後も日本に住むから」という理由だけで、国内株式や投資信託など限定的な範囲でしか金融商品を捉えるこが出来ません。

失敗する投資家の方に海外資産や商品をどう思うかと問うと「何だか怖い」、「信用できない」と耳を貸すことをしません。

柔軟な考え方が出来ない人は資産形成で成功する確率はグッと減ります。

海外資産に注目しない投資家のタイプは3つあります。

 

①海外資産に注目出来ないのは頭の固さが要因であることも少なくありません。

頭の固い投資家は過去の成功パターンに固執しがちです。

「あの時に上手くいったから」といっても次回もその手法が通用するとは限りません。

世界経済は生き物で動いていることを捉えきれずに、限定的な手法や銘柄に固執します。

年齢を重ねている投資家の方に多いパターンだといえます。

 

②海外には資産形成に有利な環境が整っていることを知らない。

税制面や金利の面で国内の投資環境よりも資産形成に適した国は実在します。

国内では購入できない金融商品や銘柄も海外に目を向けると多いことに気づきます。

自分の資産形成のニーズを叶えるのに限定的な環境や銘柄に絞っていては難しいかもしれません。

確かにリスクも存在しますが勉強すれば解消できます。

海外資産に目を向けないことは機会損失に繋がります。

機会損失は本人には見えないロスなので気付きにくいのですが、資産形成に成功している人は考えが限定的な人を見て心の中で「もったいない」と呟いていることでしょう。

 

③為替リスクに対応できない。

2011年には1ドル=75円という記録的な円高になりましたが2015年夏には1ドル=125円まで戻りました。

為替変動幅は60%にもなりました。

円安が進行するということは外貨との比較において相対的に円の価値は下がったということです。

今後も為替が大きく変動することも有り得ない話ではありません。

だからこそリスクヘッジという面でも海外資産に目を向けることは大切です。

 

【投資に成功する人は相場の値動きに一喜一憂しない!?】

資産形成に成功している人はいつも冷静です。

そして資産を持っている方はお金の動かし方にメリハリがあります。

リーマンショックでは米国株式が暴落したことは記憶に新しいと思います。

多くの方が頭を抱える中、一部の投資家は米国株式の投資信託をまとまったお金で何度かに分けて買いました。

現在も投資信託を保有しているとしたら価値は何倍にもなっています。

本当のお金持ちになれる人は大底や天井で多数派の方と逆に動くことができます。

資産形成に成功するには、いつも俯瞰して物事を考えて平常心でいることは重要なポイントです。

一方でマーケットの暴落を見て不安に駆られて眠れずに狼狽している投資家の方もいます。

目先のリターンだけを追求しながら頻繁に取引を行っており会うたびに感情の起伏が激しく落ち着きません。

 

【投資に成功する人はよく分からないものには投資しない!?】

世界的に有名なアメリカの投資家ウォーレンバフェットの言葉で有名な言葉があります。

『何に投資すればよいかと絶えず質問を受ける。それに対する答えは、誰の言うことも信じてはいけない。あなた自身がよく知っているものだけに投資するのが、成功の道である。』

当たり前にも聞こえますですが、これができない方が実に多いです。

チャート分析だけに頼り買い(売り)のサインだけに頼ってポジションを持つも思ったとおりにならず失敗した経験がある方は少なくないと思います。

目先の利益や儲けに頭の中が支配されて銘柄(企業や商品など)の本質的な理解をしないことは大きなリスクに繋がります。

 

投資した金融商品の仕組みや構成、投資対象などを理解しないままに投資してしまうと

・どんなリスクがあるのか?

・最悪どのくらい下落するのか?

・手数料はいくら取られるのか?

が分からずにマーケットが混乱した場合や不足の事態に対応が出来ません。

自分の理解の範囲を超えたものには詐欺のリスクもありますので決して投資してはいけません。

当センターが取材した『匠投資顧問株式会社』の取締役の荒木さんも声を大にして仰っていました。

 

【要項】

投資に成功する人と失敗する人を分ける3つの特徴

①成功する人は海外資産に目を向けており根拠にも軸がありしっかりしています。

失敗する人は海外資産に目を向けません。

②成功する人は目先のマーケットの変化に一喜一憂せず多数派の人と逆の発想が出来ます。

失敗する人はマーケットに左右され頻繁に取引を行い感情の起伏が激しいです。

③成功する人は自分の範囲が超えたものには決して投資しません。

失敗する人は利益に頭が支配されて分からないものに投資して不足の事態に対応出来ません。

 

【資産運用に着手するは基本の理解が何よりも大切です】

資産運用や海外投資の情報はちゃんと取扱いが出来れば経済を豊かにしてくれるものです。

とはいうものの

資産運用や海外投資は「何だか良さそう」という単純な理由だけで始めてはいけません。

・情報の出処が確かなのか?

・リスクやデメリットは何なのか?

・どういう仕組みになっているのか?

などをきちんと理解することが大切です。

それらを理解せずに安易に海外投資に着手して「こんなはずじゃなかった」という人は少なくありません。

これらは「リスク許容度を間違えたり」、「詐欺に引っかかったり」、「提案者が実はちゃんと理解していなかったり」挙げられる理由は様々です。

 

しかし根本の原因は海外の投資に関する良質な情報が少ないことが挙げられます。

要らぬ失敗をしないためにも必要なことは良質な情報を取ること、基本の理解です。

 

金融や海外投資の業界で多くの人が登録して有名な情報ですが

基本を理解するのにするのに分かりやすく書いてくれてあるメルマガがあります。

許可を頂いたので以下に貼り付けをしておきますので着手される前に参考にしてみて下さい。

メルマガは当コミュニティが執筆したものではなく、第三者機関の金融機関が発行したものですが無料で良質な情報なのでこれから運用を検討をされる方には良いと思います。

登録者数に上限があるようなので情報を参考にするのであればお早めにしたほうが良さそうです。

【資産運用や海外投資に関する推奨メルマガ】

 

【無料】ご相談・お問い合わせ

 

海外投資をする前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観的に状況を判断してもらいましょう。
自身では気付かなかったリスクや落とし穴に気づくことが出来ると思います。
もしも近くに詳しい方がおられない場合は、当センターにご相談・お問い合せ頂いても構いません。
返信に時間がかかる場合もあります。ご了承をお願いします。

関連記事

おすすめコンテンツ②

  1. 【海外投資コミュニティ設立の目的ならびにご挨拶】

    【初めに】 ※同名の海外投資コミュニティが存在しますが全く関係性はありません。 ※Twitt…
  2. 怪しい投資詐欺で失敗しないために必要なことは!?

    『ネットで見たんですけど○○国の保険会社で、ドル建ての積立商品があり15%の非常に高利回りの話があり…
  3. 元本保証や配当高利回り商品の隠れたリスクとは!?

    今回は海外投資に限らず金融商品を購入するにあたって注意しなければいけないポイントを幾つか紹介します。…
ページ上部へ戻る