素人には分からない海外積立投資経験者によるIFAを選ぶ4つのポイント

海外積立投資を始めるにはファンドを扱う保険会社と運用をするIFAを選ぶことになります。

適切な組み合わせは個々人の運用ニーズやリスク許容度によりますが

IFAを選ぶ際には「出来ればここも注意してみておきたい」ということがあるので幾つかまとめてみました。

 

【綺麗なオフィス】

IFAのオフィスに幾つか訪れたことがあります。

綺麗なビルの高層階を貸し切ったところや海の見えるロケーションなどIFAによっては様々です。

実際にIFAのオフィスを視察することは、「ちゃんと実在していること」を確認できて確信は深まると思います。

 

ただ、華美なオフィスを構えていることを意気揚々とアピールしている業者やIFAは少し考えものです。

簡単な話ですがオフィスの賃料というのはIFAにとっては経費です。

その経費の捻出は当然、契約者からの手数料で賄っています。

 

良質なサービスに華美なオフィスの様相は関係ありません。

どんな雰囲気の会社なのかを視察して肌感覚をつかむことは大切です。

しかし、綺麗なオフィスだからといって「ここならば大丈夫」と心酔してしまうことは避けましょう。

IFAを訪れた際には〈運用〉や〈サービス〉に関して実質的なことを質問して対応や考え方をみましょう。

IFAに質問する内容は事前にメモなどをして用意しておくことをおすすめします。

それを紹介業者とIFAに別々に質問して理解度を確認するのもおすすめです。

【IFAや現地法人の創立年数】

日本では企業の信用度を測るモノサシとして〈会社の歴史〉は重点的に見られる傾向にあります。

ただ〈会社の歴史〉は海外の金融業界では最重要するポイントではないと思います。

 

というのも金融業界は才能に長けた若いファンドマネージャーやポートフォリオマネージャーが多く活躍しています。

若くても運用実績を着実に重ねてキャリアを重ねている人たちが実在しています。

金融業界というのは実力があれば若く新しい才能が他業界に比べて開花しやすい世界です。

 

大切なことは「創立年数が何年か」ということよりも確固たる運用方針を持ち、計画を立て、着実に遂行し

実際に結果が出ているか否かの方が重視すべきポイントでしょう。

 

例えば海外積立業界では有名なアロイというIFAは創立年数は長いですが業界では良い評判は聞きません。

しかしノーブル、アテナベスト、アドミニストレーションなどは創立年数はアロイよりも若いですが運用面で評判は良いのが実際のところ。

IFAを選ぶ際に創立年数だけで計らないようにしましょう。

 

【IFAの在中スタッフ】

海外積立をする際にIFAのスタッフと会う機会がもしあれば、ちゃんとどういう人がスタッフなのか観察しましょう。

海外積立は契約後の方が関係者との付き合いが長くなります。

住所変更や減額申請など諸手続きの際には必ずIFAを経由する必要があります。

金融ビジネスマンとして、そして人間としてちゃんと信頼に足る人物かどうかはとても大事です。

・質問に対して丁寧に段階を追って説明をしてくれるか

・挨拶や笑顔などの礼儀があるか

などは当たり前ですが人を見抜く目が大切です。

 

というのも過去、あるIFAに訪問したときに

スタッフが華美な服装で

契約者に対してボーナスやキャンペーンなどを言葉巧みに使い

毎月の積立金額を上げるように煽っているスタッフがいる現場に出くわしたことがありました。

情報を持っている人は優位に立てるものですから

スタッフの扇動に影響されて毎月の積立金額を無理して高く設定している人が数名いる様子でした。

 

後々、話を伺ってみると為替変動の影響で積立金額が跳ね上がり

積立を続けられなくなって結局解約してしまった人がいました。

 

やはり売りつけ精神やがある業者やIFAは契約後にトラブルになる可能性が非常に高いのが実際のところです。

一方で人間として信頼できると思ったスタッフを抱えているIFAはサポート体制も説明もきちんと行っています。

信頼できる人物か否か人間性を見るというのは万国共通で基本的なコミュニケーションのモノサシです。

信用に出来ない業者やIFAとは契約をしないようにしましょう。

 

【IFAのホームページやパンフレット】

海外積立を契約しようか悩んでいる時に紹介業者からIFAのパンフレットを手渡されたことはありませんか?

パンフレットの紙質や重厚感で「何だか信頼できそう」と感じてしまいがちです。

 

当然ですがパンフレットの質だけでIFAのサービスの質を測ることは出来ません。

広告して大きく展開をしていこうということは、その分パンフレットなどの広告ツールにコストがかかっているということです。

そして過大な広告ツールの費用のしわ寄せは契約者にかかってくるIFAの手数料です。

良いIFAとは単純ですが安定的な運用実績と迅速な対応をしてくれるサービス力です。

決して綺麗なパンフレットを手渡されたからといって誤魔化されないようにしましょう。

 

運営体質がしっかりと整っているIFAならば一度訪問すれば感覚的にすぐに分かります。

運用方針をしっかりと持ち、説明に加えて律儀な礼儀を兼ね備えています。

 

とはいうものの説明が雑で契約や積立金額を上乗せするように煽ってくるIFAも中には実在します。

契約するのに「何だか気が進まない」と思うのであれば、契約は焦らずに保留をして専門家に相談をしましょう。

 

【要項】

オフィスやパンフレットなどの表面上の見え方だけでIFAのサービスを評価してはいけません。

契約すべきIFAというのは着実な運用を遂行してくれることと迅速な対応です。

そのためにスタッフの対応などもポイントになりますので応対がしっかりとしているかも見ておきましょう。

 

【海外投資の着手前には基本の理解が何よりも大切です】

海外投資の情報はちゃんと取扱いが出来れば経済を豊かにしてくれるものです。

しかし海外積立や海外投資は「何だか良さそう」という単純な理由だけで始めてはいけません。

 

というのもサイト管理者のわたくし金山も2009年9月に海外積立投資を契約して

1年も経たない2010年4月の段階で紹介業者が廃業し連絡がつかなくなったことで海外積立難民になった経験があります。

更にその業者は運用シュミレーションで「毎年年利12%」と言っていましたが

実際に過去3年の利回りを調べてみるとマイナス2%でかなり誇張していたことが分かりました。

そして資産運用においても考え方を間違って大きく損失を抱えたことがあります。

 

それらの原因というのも

・情報の出処が確かなのか?

・リスクやデメリットは何なのか?

・どういう仕組みになっているのか?

などをきちんと理解していなかったからです。

 

これらを理解せずに安易に海外投資に着手して「こんなはずじゃなかった」という人はわたくしを含めて少なくありません。

そして「リスク許容度を間違えたり」、「詐欺に引っかかったり」、「提案者が実はちゃんと理解していなくて契約者が困ったり」と問題を抱えた人を多く見てきました。

 

しかし根本の原因は海外の投資に関する良質な情報が少ないことが挙げられます。

要らぬ失敗をしないためにも必要なことは良質な情報を取ること、基本の理解です。

 

わたしが運用に関して頭を抱えていた時に知人から教えてもらったのが

「匠投資顧問株式会社」というところです。

ここは海外投資において金融庁に投資助言をする認可を正式に受けている数少ない金融機関です。

わたしはここに最後の駆け込み寺として行き着いたのですが真摯に対応してくれて窮地を救ってくれました。

以降は顧客としてお世話になっています。

 

因みにこの匠投資さんが投資家向けに限定配信しており

今では金融や海外投資の業界で多くの人が登録して有名になっているメルマガがあります。

 

基本を理解するのに分かりやすく書いてあるメルマガなんですが

実際に匠投資さんに問合せをして貼り付けの許可を頂いたので以下にリンクを貼っておきます。

海外投資や資産運用を検討している方は曖昧な状態で着手される前にまず参考にしてみて下さい。

 

メルマガは当コミュニティが執筆したものではなく

第三者機関のものですが無料で良質な情報なのでこれから検討をされる方はまずここから情報を収集されることをおすすめします。

登録者数に上限があるようなので情報を参考にするのであればお早めに

【海外投資に関する推奨メルマガ(無料)】

 

【その案件は本当に大丈夫ですか?】

海外投資をする前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観的に状況を判断してもらった方が良いかと思います。

自身では気付かなかったリスクや落とし穴に気づくことが出来ると思います。

もしも近くに詳しい方がおられない場合は、当コミュニティにご相談・お問い合せ頂いても構いません。

ただ、投資経験者の有志によって構成されたコミュニティで全員本業があるため返信に時間がかかる場合もあります。

ご了承をお願いします。

お問い合わせはこちらから

関連記事

おすすめコンテンツ②

  1. 【無料】ご相談・お問い合わせはこちらから

    【無料】ご相談・お問い合わせ 海外投資をする前に一度は利害関係のない詳しい第三者に客観…
  2. 怪しい投資詐欺で失敗しないために必要なことは!?

    『ネットで見たんですけど○○国の保険会社で、ドル建ての積立商品があり15%の非常に高利回りの話があり…
  3. 海外口座開設のメリットとデメリットは何か?

    日本人による海外口座開設ブームが何度かありました。 有名なのが特に日本人による口座開設者が多い…
ページ上部へ戻る